ご注意 お使いのブラウザのJavaScript機能が無効になっています。機能が無効の場合サイトが正しく表示されない、または動作しないことがあります。ブラウザでJavaScript機能を有効にするか、JavaScriptに対応したブラウザを使用して下さい

業務内容

ホーム > 熱処理(溶体化)

熱処理(溶体化)

機器の製作や化学プラントの配管(SUS)の溶体化熱処理に対応致します。
熱処理(容体化)とは、オ-ステナイト系ステンレス鋼の粒界腐食防止の熱処理です。 オ-ステナイト系ステンレス鋼は、原子力・化学プラントなどに多く利用されていますが、運転使用中450℃~850℃の温度で結晶粒界に析出物があらわれ、鋼の耐食性に影響を及ぼします。 900℃以上の高い温度で保持することにより、改善する効果をもたらします。 高温で固溶(鋼の組織の中に溶け込ませる)させた状態から急冷し、高温の組織をそのまま常温にもたらす熱処理である。その結果、ステンレスの場合は、ステンレス本来の耐食性が確保されます。